ブログ

 

Blog 2010/10/28 -

     Japanese language only  

Tomoaki Shibata

2013年

2月

04日

BLOG

 

http://wasurare.exblog.jp/

: ANOTHER MY SITE WHERE I AM RUNING BLOG.

 

2 コメント

2013年

1月

01日

2013 元旦に記す

2013のコメント

作品の数をわりと増やす。

その数の中から芸風が変わるかも

あと無駄なコメントはしない。

2 コメント

2012年

11月

01日

111=トリプル1

3週間ぶりぐらいに実家に帰ってきた。インターネットは基本実家でやる。住んでるところはパソコンとネットがない不便なとこ。給料入ったら一番安いパソコンを買おうと思っている。とはいえここのところ、そんな時間も体力もなかったりする。まじめに働いているし制作しているし。帰りは24時で出勤は9時で肉体労働だ。これはどうもいけない負の傾向だ。自身を発信できないじゃないか。だれか俺を代わりに宣伝してくれ!そして発表の場を探している。

でも最近はアメリカにやっぱり移住したい。そこで作品を売る生活をしたい。

11月1日になった。もう時間が過ぎるのが早すぎる!公募だすぞ。 http://joyjoyhot.blog69.fc2.com/

http://wasurare.exblog.jp/12379642/


0 コメント

2012年

10月

13日

10日-13日 埼玉美

 

一昨日11木曜日は朝から横浜のアトリエに行き制作していたら出勤日だったことを覚え違いしているのを近くの職場からの電話で注意される。慌てて出勤した。スイッチが制作モードから職場モードに切り替えられなかったのか、制作で力を使いすぎたのか精彩を欠く仕事ぶりに、失敗の連続、何が起きているかわからないパニックのまま終電を逃す。この経緯も経営者に強くしかられるような有様だった。上司達と別れ、自転車で徘徊し夜の冷たい風で頭を冷やし中華店で餃子を食べサウナへ。翌日は朝からアトリエで作業しようと思っていたので、移動時間をかけないサウナ泊が好ましい側面が正直あった。が早朝の仮眠室でおっさんに手を握られたことから、安易にサウナに行くべきじゃないと悟るような汚い思い出が心が刻まれた。サウナを出るとき自転車の鍵が見つからない2時間くらいとばたばたする。自転車屋を探しあて開店時間まで喫茶店で時間つぶそうとしてしまった。結局胸ポケットの中に発見。慢性的な疲れか。その間周辺を散策できたのでそれは収穫か。

昨日12日金曜日は非番、朝9時からアトリエで制作し吉野町に契約に行く。12時、知人の脚本家がいるかもしれない伊勢佐木町のサイゼリアでランチ、午後アトリエで作業した後、職場に顔出し、江古田駅周辺ののイベントに行く。江古田到着は少し遅かったか、ちょうどベストタイミングだったのか答えは出せないが、会いに行った主催者にあうことはできた。ひとつの展示スペースのバーでジントニックを2杯呑み、プロジェクトに貢献した。1年かけた準備の賜という規模と内容が充実したイベントだったので正直なところ感動した。

明日14日日曜日は朝9時からアトリエで制作し11時から17時あたりまで勤務。その後アトリエに行きたい予定だが、勤務が長引くかもしれない。

明後日、横浜で用事、明日の晩はどこで寝るべきか。疲れて乗る電車は憂鬱。写生して車内の時間を乗り切ればまあ充実だが実質的な疲労は溜まる。それでもここ何日かのアトリエでの絵の具を使った制作と車内のドローイングは連続して行っていて成果が生まれているのが目に見えるのでポジティブな側面があるのは間違いない。問題はどう逃げ道を作るかだ。

 

そして本日13土曜日、展示を一件見に行き、芝居の稽古を見学する。

埼玉県立近美の現行展と実家の近くを拠点としている芝居だった。

展覧会は今年観た展示ではもっとも興味を惹かれ、また完成度の高いものだった。

60年代70年代を包括的に、また肝を押さえた展示だったと考えられる。

そういえば今回の展示資料を提供している知人によってこういった内容の展示が準備をしていることを2,3年くらい前から聞かされていたのを思い出した。美術館の企画展というものはかくも準備に時間をかけ入念にまた組織的な底力を見せるものか、と驚嘆すべき現行展だった。さらに悔しくもあるが、映像資料がいくつかあることや内容の見るべきもの多さや特濃加減さから、展示室滞在時間がどうしても長くなってしまうということで、機会があればもう一回会期中に覗きたいということだ。美術館には午後1時代から居たが、非常に優秀で熱心な担当学芸員の方の熱の籠もったギャラリートークなども拝聴できたこともあり閉館時間までに見切れなかった。

こういった充実した展覧会が実現した背景には資料や作品などの展覧会自体の素材を集め、それらのことを熟知した者がキュレーションをする環境が想像できる。

他にもう一人作品を出している人物も知っている人物で、先月偶然伊豆大島でお逢いしたばかりだった。

美術館自体が黒川紀生の作品でロゴマークも横尾作品、70年代にできたという。

歴史的側面のある展示だが作家とコレクターが生きている奥ゆかしさが芸術としての魅力を増幅しているし写真や雑誌という時代を象徴した資料によって、生々しさもある。

 

 

なぜか閉塞感を突き抜ける妙案が思い浮かぶだろう可能性への希望も持つにいたった、なぜかわからない。

芝居稽古は偶然見た。以前手伝ったこともある劇団の稽古で、鍵を持たないで出かけて実家に帰ってきたら家に入れなかったので仕方なく徘徊したどり着いた先の市の施設の会議室で偶然稽古中なのを発見、見学させてもらった。鬼気迫るものがあった。他の施設ではかなり本格的なガムランの練習が行われていた。週末にこういった場所を訪れるという習慣をつければもしかしたら有意義な体験ができるかもしれない。そういった場所はだいたい夜は22:00まで使用できる場合が多い。

最近足の親指の爪がくさい気がする。半年ぐらい前にマンション建築現場バイトで、間に合わせで買った安全靴が小さくて黒くバキバキになった左右の爪だが大部分は生え替わった。全回復すれば臭いも軽減されるかも?いかなるバイトも無駄にむしばむ。では寝ます。

0 コメント

2012年

10月

03日

10/3 ハンマーヘッド新規参加決定 家探し本格始動不動産屋へ打診

 昨日新港ピアのHummer Headを視察する。新規参入の方法をすりあわせする糸口を探しに。幸運なことにあるチームが参加を快く引き受けてくれ感謝。

今朝になって正式に決定のメールが来る。

制作場所ができたので後は準備。

最優先課題は寝泊まり&作品置きにする場所を探す。

 

 昨夜は古巣綱島によった後、帰宅前にラストオーダー間際の立川の社長の店に寄る。先日の公開制作でしくったかもしれないと思い、おそるおそるのぞいてみたら、かなり好感触だったらしく(おそらく)嫌な顔はされなかった。結構躊躇せず決行した初のフォーマルな公開制作だったがやって良かったようだ。成功。たったハイネケン一杯で粘り、閉店作業をしている社長と女性店員に陰毛で作る筆で書道対決するハロウィンの企画の提案などぼやいて邪魔をしてしまった。

 

 早起きした履歴書をなぜか書き始める。

 いろいろな仕事をしたもので、大学時代以降の思い出のひだを行く心の旅路に突入。結局ボツ。

 履歴書じゃなくなて随筆風に、誰も読まんよそんなん。

 昼からは、何となく銀座に行く用事とバイト用に黒革靴を購入しようと思っていたところ、駅前まで来てなにやらやる気がなかなか出ない自分に気づく。

雨もちょうど降りだし結構長い間、傘なしでうろつく。モンベルの撥水ジャケットを着ていたのでいけると思った。あるタイミングで何もしない日にしようと地元散策の日にすることに決定する(散策してるじゃん)。

 ブティックでバイトに良さそうなズボンを探すがあまりいいのがなかった。

 古本屋で200円以下で「ブラフマン」という小説を買う喫茶店で読もうと思いびちゃびちゃでロージナに入店する。

 

 ナポリタンとコーヒーのセットの喫茶をする。

何もしない、と念ずるほど行動してしまう自分が不思議で

気がつけばコーヒーをすすりながら不動産屋にアポイントメントを取っている自分が。。

 明日の午後エイブルさんと見学決定しました。

黄金町付近の2.9万円物件。

もっとやすいのないだろうか。

足で探そう。

その後、そのままパブで勤務。

我ながらなかなか無駄がないのでは!

 

 見学の予定時間より早くいって散策しよう。

近辺の中村橋、板東橋のエリアが検索すると魅力的に見えるのだが、実際どうなんだろう。

 

 なかなか快適な人生になってきたのではないか。

 収入と支出のバランスが先行き不透明だが。 

ではこれより制作するか。まだ実家です。

 

最近指引きのギタリストにこっている。Trace BundyのAcoustic Ninjaという曲、なぜ忍者?

0 コメント

2012年

10月

01日

10/1 台風 オリッシー

 昨日9月30日(日)、横浜BankART1929で催されている大野一雄フェスティバルを見に行く。この日の演目はインドの舞踊、オリッシー。開演は16:00から。日本人女性とインド人男性(?)の舞いを暗い会場の手元だったがボールペンでコピー紙にクロッキーする。終演後、同じ施設内で観ようと思っていたパラパラのイベントが接近する台風のため行われなかったが偶然居合わせた大阪から来ていた身体表現の研究者の方と、やらかくするために靱帯を麻痺させる力士や舞踊家の話やインド舞踊の特徴の話を伺いながらながらなんだかんだで台風接近のため特別に20時に繰り上げられたの完全閉鎖まで施設内にとどまる。その後近くのバーで上司にナポリタンを奢ってもらう。結局台風のピークは23:00頃だった。ピーク近く、一旦横浜線新横浜に閉じこめられ、バス移動も考える。屋外のバス停に行く道すがらが怖すぎ。飛ばされてきたペットボトルに頭を直撃されただけでも即死するだろう予感に身震いする。バスは終わっており帰宅難民を覚悟した。土日の夜はATMでお金おろせないので野宿の可能性が強まったが吉野家の牛丼を食って落ち着き、とった手段で最後まであきらめることなく動き出した京浜東北線山手線と中央線を機転を利かしながら乗り継ぎぎりぎり地元国立駅舎に25:30頃には到着できた。そこでもクロッキーを敢行。最近は携帯観ている乗客が多いので正面から描いていても気づかないし、そもそも外に関心を払わない。これは現代的な現象でしょう。疲れたサラリーマンも遊び帰りの酒気を帯びた学生も住む世界が違いすぎるようで、反応の仕方がわからないようだ。しかし国分寺で降りていくような若い女性などに対してはちょっと恥じらいを覚えてしまう。フィールドがちょっと近そうだから。駅からは台風一過の中秋の名月とオリオン座を見上げ徒歩で帰宅。台風のヲーンという音に神経が覚醒されたのか眠気と車内クロッキーとインド舞踊のせいで変態的な歩き方をしてしまった。道路には砕けた家庭のゴミ袋多数。

 

昼過ぎ立川から横浜に下る南部線の車窓はまだまだ晴天であったが、雲が巨漢ぶりと愛猫っぷりで一世風靡したアメリカ人、ボブサップの肉体と人格の持つ圧力を彷彿とさせた。この日のできごとで1枚ぐらいは描ける。布買うか?金がなくなってきた。

 

BIWAKO関係の案内があちこちからメールボックスに乱射されている。10月に行きます。今日は制作にしよう。明日は横浜の新天地のシェアスタジオに検地のため現地入りする予定。

 

 

0 コメント

2012年

9月

30日

30日(日) 朝

 

 

 昨夜パーティーで公開制作。 男女混合の人混みに紛れて描けるなんて幸せでした。許可してくれた主催の社長、関係者の方々 許容してくれてありがとうございました。 パーティーでは偶然幼なじみ達と再会。そこにいた人たちを描きました。幼なじみなど幼少期を知っている大人を描く機会というのはざらにありません。 地元ならではです。 地元密着型の活動を可能であればこれからも展開できたらと思います。 それにしても立川の演者は凄い。 いや参加できて幸運でした。 感化され何か掴んだ。

 本日は午後絵を立川に取りに行ってくる。それまで絵を描きたいのだが支持体がない。下図かドローイングで我慢するか。絵を持って帰ったらその足で横浜に行く。いろんなロスを感じるなあ。電車車内クロッキーでもして気を静めよう。

 

 

0 コメント

2012年

9月

28日

ブログと鯰27,28日

 ホームページを少し整理した。 ブログ機能もつけました。 このブログは一般向けにしようとおもいます。 最近東京の実家に居ます。ここではつい鍵っ子根性が出てしまいます。家の人が出はらうと活動的になるという。これはつまり逆に家に誰か居るととことん無気力になるということで、とても困った習性です。見る人が見たら軽い躁鬱だと判断するかもしれません。どうしよう。 午後いっぱい実家で制作して、 家の人が帰ってきたら世界堂に明日の公開制作の画材を下調べに行こうとおもいます。 昨夜はアルバイトで横浜のパブで酒を作っていました。近くであった踊りの公演を観終わったお客さん達と出演者は乾杯をした後、割とあっさりとはけました。 終電にはぎり間に合いました。飲食の仕事にしては楽なのですが、歳のせいか疲れ果てての帰路になります。 近頃電車移動中はクロッキーやドローイングをしています。 これは単純にリハビリとか鍛錬、取材というか制作のプロセスですがこれをやってないと寝過ごします。しかしこれは座れたとしても休んでいることにならないので帰宅後はどっと疲れます。神経は臨戦態勢をキープできるから良いのですが。   ところで日中制作してからのバイト勤務は切り替えが難しい。職場まで距離があるのももやもやする部分がある。時間で制作を中断することにもつい気が立ってしまう。 事務的な脳をスリープさせないと描けないので、こればっかりは 一生ケアしないとならない問題、いや早くこの状態を脱すれば良いのですが。   一昨日は飲み会がありました。アメリカで展示をしたときのメンバーの集まりの会でした。テキサスで生活する先輩にテキサスのヌードリングという伝統的な釣りのことを教わりました。指をルアーにしてキャットフィッシュを釣る。失敗するとビーバーに指を食いちぎられる...まじか。でかい手のジェスチャー入りで艶めかしかった。ザ・アメリカ南部の男らしさ。これで3枚は描(い)ける。

 

0 コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

solo show---past

DATE:July 16th Mon - 20th Sat 2012

LOCATION:Galley Q

 

Kusumoto Bldg.,3F 1-14-12 Ginza Chuo-ku Tokyo Japan zip 104-0061

Gallery Q Home Page,